年の差がある相手と社内恋愛を成就するには

トップページ > 年の差がある相手と社内恋愛を成就するには

年の差があっても対等な関係を築く

大人の魅力あふれる年上の男性の恋人になりたい!
母性本能をくすぐられるような年下の男性と社内恋愛したい!

職場にいれば年の離れた人と接する機会が多く、年の差がある相手を好きになってしまうというのはよくあることです。しかし、社内恋愛を実らせることも難しい上、年の差があるとさらにハードルは上がるでしょう。ここでは、成就するのが難しい、年の差がある相手と社内恋愛を成就する方法をお伝えいたします。

その人が年上なら「好かれたい」というだけなら簡単。頼って甘えればいいのです。反対に、年下なら頻繁に仕事のフォローを優しくしてあげれば好かれるでしょう。しかし、恋を実らせるとなると話は別。「対等な関係」を築く必要があります。

自分が年下なら子ども扱いされ、自分が年上なら気を遣われてしまう可能性があります。どこかで心の距離を詰めないと、いつまでたっても仕事仲間止まりになってしまうかもしれません。

心の距離を縮めるポイントは、「対等な関係」を築くこと。年上なら積極的に業務の提案をする、年下なら企画の相談を持ち掛けるなど、対等な関係だということを示すと恋愛成就に近づけるでしょう。

年の差を感じさせないように接する

男の人の中には、年の差がある女性と一緒にいることに抵抗感じる人も多くいます。その抵抗をなくすことができれば、彼と親しくなれるでしょう。

会話のうっかり発言には注意したいところです。「流行ってるのに知らないんですか?」「疲れやすくなってきてませんか?」などと言ってしまうと、年上男性は傷つくかもしれません。おじさん扱いしないように心がけましょう。

年上に対しては、受け身の姿勢よりも積極性を見せた方が恋愛成就しやすくなります。仕事の相談と称して、食事に誘ってみるといいかもしれません。社内恋愛のメリットは、仕事を理由に相手との距離を縮められるところです。

年下にアプローチするときも、仕事を絡めて接触を図りましょう。仕事で疲れてないか声をかけたり、業務の相談をするといいかも。ただし、仕事の相談で食事に誘うのもいいですが、説教をしてはいけません。子ども扱いすることになり、恋人ではなく母親のように思われる危険があります。

相手が年上だろうが年下だろうが、年の差を感じさせないように接することで、仕事仲間という壁を越えて親密な関係になれるでしょう。

おおらかな心で相手を見る

社内に好きな人がいると、相手に嫉妬の念を抱いてしまうような機会が多くなります。同じ職場なので、好きな男性が他の女性と話しているところを目撃してしまうことも多々あるでしょう。
しかし、ここで嫉妬してはいけません。

嫉妬してしまうと様々なデメリットが生まれます。
・彼が他の女性に取られないか不安になり、仕事がおろそかになる
・好きな男性と話している女性のことが嫌いになり、社内の人間関係が悪化する
・焦って彼にアプローチを頻繁にしてしまい、嫌われる

あなたが好きになってしまうような年上の男性のなら、社内の様々な女性がその男性に仕事の相談を持ち掛けることも多いでしょう。ここで嫉妬するのではなく、おおらかな気持ちで見守ってください。そうすれば、社内恋愛のトラブルを軽減させることができ、余裕をもって彼と接することができるでしょう。

また、好きな相手が年下の男性なら、その男性と同年代の女性が話している姿を見るだけで「やっぱり、私より若い子の方がいいのかな…」と悲観的になる人も多いようです。しかし、恋に年齢は関係ありません。この時もおおらかな心を持つのです。人生相談に乗ってあげるなど、年上女性だからこそできるアプローチをしましょう。