社内恋愛のリスクを防ぐポイント

トップページ > 社内恋愛のリスクを防ぐポイント

社内恋愛は隠し通すべき

社内恋愛のリスクを防ぐため、職場の方には恋愛の相談をしない方がいいでしょう。
社内という狭い空間では、噂が広まるのは一瞬。会社にプライベートを持ち込むのを良しとしない考えの方や嫉妬深い人の耳に渡れば、職場環境が悪化してしまうリスクが高いです。

社内恋愛がバレるのはデメリットばかり。上手くいっていれば嫉妬されるし、上手くいっていなければ冷やかされてしまうかもしれません。
また、同じ職場の方と付き合っていることが上司に知られたら、最悪クビになるリスクも少ないながらあります。

そして、同じ部署の方との社内恋愛は避けた方が良いでしょう。恋愛関係にあるかどうかは、周りから見ればすぐに分かります。同じ部署だとバレるリスクが高いので、諦めるという選択肢を入れておいた方が良さそうです。

仲間に相談できないというのは辛く、ストレスがかかることでしょう。しかし、隠し通す方がリスクが低いと考えます。

付き合っているならルールを決めておく

社内に付き合っている相手がいるなら、その関係がバレないようにルールを決めておくとリスク回避に有効でしょう。
些細なことでも周囲の人は敏感に察知します。やり過ぎと思うくらいリスクのないよう慎重になるべきです。

【ルールの例】
・仕事場では、あだ名ではなく苗字で呼び合う
・勤め先やその周辺では二人きりで会わない
・デートの場所は慎重に決める
・会社の飲み会のときは隣同士に座らない
・一緒に帰宅や出勤をしない

また、勤務先で一緒に仕事をする関係なら、仕事とプライベートを完全に分けるということを徹底しましょう。これが当たり前のように見えてなかなか難しいものです。

仮に、職場で男性が恋人の女性に対して業務の注意をしたとしましょう。もしそこで女性がイライラ感を募らせたら、仕事が終わった後に二人で会ったときもイライラ感は継続してしまう可能性があります。
逆に、プライベートでケンカした後は、職場でも気まずい雰囲気が続く場合もありますし、そこから二人の関係が感づかれるリスクがあります。メリハリのある付き合い方をすることが大切です。

恋愛関係がバレてしまったら!?

社内恋愛がバレてしまったら、人間関係に悪影響をきたさないように対処する必要があります。
まずは、幸せアピールをしないこと。嫉妬されてしまったら、職場の人とスムーズなコミュニケーションを取ることが出来ないでしょう。社内の人と会話をするときは、自分から恋愛の話題に触れないようにした方が良さそうです。

当たり前のことですが、職場にいるときは恋愛よりも仕事を優先させるように心がけましょう。
仕事でミスをすると、「社内恋愛で浮かれているのではないか」と思われるリスクがあります。今まで以上に積極的な姿勢を見せることで、信頼関係を保つことが出来ます。

そして、社内の嫉妬深い人から嫌われることもあるかもしれません。
その人と仕事でかかわりがないのなら無視すればいいでしょうが、一緒に仕事をするなら避けるわけにはいきません。嫌ってくる人でも積極的にコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことが非常に大切です。