そもそも既婚者との恋愛は許されない

トップページ > 既婚者との社内恋愛はリスクが大きい > そもそも既婚者との恋愛は許されない

バレたら法的罰則がある

愛してしまったのだから、相手が既婚者かどうかなんて関係ない!私は自分の気持ちに従って恋をする──という少女漫画チックな思想を抱いて社内恋愛をしている方もいるかもしれません。しかし、そもそも既婚者との本気の恋愛は許されないのです。

既婚者と肉体関係がある恋愛は「不倫」。日本の法律では、「不貞行為」に当たります。自由な意思を持って既婚者と肉体関係を結ぶことは、法律違反ということです。違反した場合、民事事件になってしまいます。

肉体関係がなければ大丈夫なのでは?

確かに、性交渉がなければ不貞行為と認定されるケースはほとんどありません。キスもアウトだと思われるかもしれませんが、法律上は不貞行為に該当しないのです。しかし、結婚して夫婦になると、お互いに協力し合って円満な家庭を築く義務が発生します。浮気は既婚者の家庭を崩壊させる大きな要因なので、絶対にしてはいけません。

仮に法律で縛られていなくても、既婚者の配偶者の気持ちを考えれば、既婚者との恋愛は許されないと分かるでしょう。危険な社内恋愛をするよりも出会いを増やして新しい恋を見つける方が幸せになれる可能性は高いです。

不倫や浮気はバレなければ大丈夫!という考えは非常に危険。法律で禁止されているということだけでなく、心に傷を負う人が必ず出てくることを肝に銘じておきましょう。