既婚者との社内恋愛はリスクが大きい

トップページ > 既婚者との社内恋愛はリスクが大きい

既婚者との社内恋愛はお金と時間の無駄

職場で毎日顔を合わせている人といつの間にか恋愛関係に──
社内恋愛は一番身近な出会いの場かもしれません。しかし、その相手が既婚者である場合、非常にリスクが大きいと言えるでしょう。

相手が既婚者と知りながら自由意思で肉体関係を持つと、相手の配偶者から慰謝料を請求される可能性があります。既婚者と恋愛関係にあるなら、多くのお金を失う前に手を引くのが無難です。

また、既婚者との社内恋愛は、時間を無駄にすることにもなります。相手が婚約している限り、本命にはなれません。その時間を使って新しい恋を探し、純粋な恋愛を楽しんだ方が将来幸せになれる可能性は高いです。

そして、秘密の社内恋愛を続ければ続けるほど、精神的に無駄なストレスがかかるでしょう。既婚者と付き合っていることは、なかなか人に言えないはず。恋愛相談できる相手がいないというのは、心細いのではないでしょうか。

一瞬で信用を失う

既婚者との恋愛を応援してくれる人はほとんどいません。むしろ嫌悪感を抱かれるでしょう。特に社内恋愛の場合、それによってお互いのキャリアを傷つける危険があります。

家庭がある相手と恋愛関係にあると社内で広がれば、正しい判断が出来ない人だというレッテルが貼られてしまうかもしれません。
節操がないと思われたら、大きな仕事は任せてもらえず昇進にも悪影響が出るでしょう。腫れ物に触るかのように、よそよそしい態度を取られることもあるかもしれません。

また、既婚者と恋愛していると家族にバレれば、束縛が激しくなることがあります。二度と道を踏み外さないようにプライベートなことをいちいち聞いてくるなど、干渉されるようになるでしょう。

秘密の恋愛が知られたら、一瞬で信用を失いかねません。既婚者との社内恋愛のリスクや将来のことを考えれば、どのような行動が正しいのか分かるはずです。

秘密の関係をずっと続けるの?

「信用を失う危険があるかもしれないけど、障害の多い恋は燃え上がる!」なんて思う人もいるかもしれません。既婚者との社内恋愛という秘密の恋は少女漫画のようでワクワクしそうですよね。
しかし、それこそ漫画のような修羅場に出くわしたらどうするのでしょうか。相手は既婚者。関係を続ければ続けるほど、相手の配偶者とのトラブルを招くリスクが高まります。

また、関係が長く続けば、社内の人にバレる危険も高まります。恋愛関係というのは、周りから見ればすぐに分かるでしょう。バレないように常に気を配っているつもりでも、意外と周囲の人は二人の関係が普通でないことを知っているかもしれません。

プラトニックな関係なら、恋人関係をずっと続けても良いと考える人もいるでしょう。
しかし、既婚者には配偶者という本命のパートナーがいます。離婚してもらわない限り、いつまで経っても本命のパートナーになれません。公表できないもどかしさやバレるリスクもあるのが、既婚者との社内恋愛。デメリットが多い秘密の関係を続けるべきか、よく考えてみましょう。