マンネリ化が早まる

社内恋愛同棲カップルはマンネリになるのが早い!?

いつも一緒にいられる浮気の心配がなくなる…メリットばかりのように思える社内恋愛中の同棲ですが、もちろんデメリットもあります。

それは、お互いにマンネリ化が早まってしまうこと!

恋人同士が別れる原因として常に上位にあるマンネリですが、これは一緒にいることで相手に対する新鮮さを失ってしまうことで起こる心理的な変化です。

職場が違っても、同棲していなくても、起こり得てしまう恐怖のマンネリ。
社内恋愛で、さらに同棲までしている状況を鑑みると、他のカップルよりも早々と訪れるであろうことは火を見るよりも明らかですよね。

いつも一緒にいることで見えてくる嫌な部分、飽きという感情は、恋人同士にとって恐ろしい強敵です。
社内恋愛をしながら同棲を続けるためには、マンネリを回避することが非常に重要だと言えるでしょう。

マンネリ回避・脱却方法

一人の時間を作る

部屋を借りる際、できることならそれぞれ個人の部屋が作れる物件が望ましいです。
3部屋以上は厳しいという場合は、少なくとも2部屋以上を目安にしてください。
居間と寝室、その2つに分かれているだけでも一人の時間を作る機会は増やすことができます。

とは言え、マンションやアパートのような居住空間ではいくら扉で部屋を区切られていても人の気配を感じてしまって落ち着かない、というタイプもいるでしょう。
ちょっと息苦しいな…と感じたら軽く散歩に出かけてみたりと、一度外に出てしまうことがオススメ。

また、「必ずごはんは一緒に食べなくちゃダメ!」とか、「寝る時間を揃えないとダメ!」とか、時間を束縛するような取り決めもがんじがらめにしない方が良いでしょう。
できるだけ一緒に食事しよう、くらいの気持ちでいた方がストレスなく同棲を続けられますよ。

別々の趣味を楽しむ

「せっかく休日が同じなんだから休日も一緒にいたい!」という気持ちは分かりますし、休日デートを楽しむことはもちろん良いことですよね。
ですが、マンネリが始まると最初の内は楽しかったデートに対して「また今日も一緒にいないといけないのか…」なんて心の中で溜息を吐くようになってしまうものなんです。

マンネリが原因で湧き上がる負の感情は、相手を嫌いになったから感じるというワケではありません。
ざっくり言うと、過剰摂取による胸やけのようなもの!

例えば、どれほど好きな食べ物でも毎日食べ続けていればいつかは必ず飽きてしまいますよね。
料理と同じく、恋人と一緒に過ごす時間の摂取量を調整するのがマンネリの防止や脱却には大切なことです。

たまには別々の時間を楽しむことで息抜きもできますし、新しい話題を提供できるようになれば新たな刺激を与え合うようにもなれるでしょう。