さりげないアピールで社内恋愛を成功させよう

トップページ > さりげないアピールで社内恋愛を成功させよう

自己アピールは社内恋愛発展のカギ

『売り込む』ことは非常に大切です。
入社時の面接、企画のプレゼンなど、大きな転機となるタイミングでのアピールは欠かせない要素と言えます。

「社内恋愛を成功させたい!」という意気込みを現実のものとして叶えるためにも、当然必要不可欠であることは言うに及ばずでしょう。

そう。自分を魅力的にアピールしてこそ、想い人の心を振り向かせることができるのです!

ですが、ここで注意しなければならないことがあります。
それは、こと恋愛においては過度の自己アピールは逆効果となってしまいかねないということ。
それも社内恋愛となれば尚更です。

何故なら、職場は仕事をする場。決して恋愛をするための場所ではないからです。

社内恋愛に否定的な考えは性別問わずに持ちえるものですが、男性はその傾向が強いと言っても過言ではないでしょう。
プライベートと仕事を完全に分けたいという思考を持っているタイプも多い上、男性は意外と周りの目を気にするもの。
プライベートな話題でからかわれることを嫌がる人もいますし、ともすれば職場内での立場を揺らがしかねない社内恋愛に慎重になるというのも考えてみれば頷けるのではないでしょうか。

もしかしたら、責任感が強い男性であればあるほど社内恋愛を躊躇するなんてこともあるのかもしれませんね。

さりげない社内アピールはしなくちゃ損!

過度なアピールは失敗のもとですが、かと言って、何もしないというのもやっぱり考えもの。

すでに「脈ありかも」と思える人であれば、ちょっとしたアピールが社内恋愛に発展する一手となる可能性がとても高いです。
逆に「全然脈なしっぽい…」と思う相手でも、アプローチがきっかけとなって意識し始めてくれるかもしれません。

上記を踏まえても、社内恋愛に発展させたいならさりげないアピールは必要となってくるんです。

中でも『社内』という限定的な関係・空間を有効活用するのはすごく効果的ですよ!

一般的に、勤務時間の割合は一日24時間の内の大半を占めるもの。
せっかく毎日それだけの時間に顔を合わせることができるのに、何もしないままでいるのはもったいないと思いませんか?

具体的な方法はそれぞれ別ページで細かくご紹介していますが、毎日の挨拶日々の業務のフォロー相談、たまの飲み会など、アプローチできる場所やタイミングは意外といっぱいあるものなんです。

実行に移すチャンスが多い分だけ、社内アピールは意外と挑戦しやすいと言えるのではないでしょうか。
社内恋愛を成功させるために、まず社内だからこそできる方法に絞ってみることが無理なく自然にできるのでオススメです。

また、会社の外にライバルがいたとしても、同じ会社に勤めているあなたの方が時間的にも場面的にもアピールできるチャンスが多いということ。
社外の人ではできない方法であることを考えても、ますます見逃す手はありません。

あくまでもさりげなく、注意点だけはキッチリ踏まえたアピールで社内恋愛を成功させましょう!

やりがち!NGな社内アピール方法

職場に合わない派手なメイクや服装

好きな人にはキレイな自分を見てもらいたい!女性としては自然に思うことですよね。
だからこそ、社内に好きな人や片思い中の人がいると出勤時にもつい気合いが入ってしまいがち。
メイクや髪型を派手にこだわったり、服装が自由な職場だからとやけにオシャレなデート服を選んでしまったり…。

でもこれ、実はNGなんです!

確かにキレイな自分、可愛い自分をアピールすることはできるかもしれません。
ですが、『職場にふさわしくない格好』は「職場に遊びに来ている不誠実な人」なんてレッテルを貼られてしまいかねないんです。

職場は職場、仕事をする場所であると改めて意識して、あなたの職場に合った格好を心掛けてください。
社内恋愛を成功させるには、まず何よりも自分自身の仕事を一生懸命まっとうすることが大切ですよ。

あからさまに態度を変える

誰にとっても想い人は特別です。意識的にも無意識的にも、ついつい特別扱いしてしまいますよね。
もちろんほんのちょっとだけ、さりげなく特別アピールをすることは寧ろとても効果的! …なのですが、皆がいる前であからさまに態度を変えるのは避けるべきだと言えるでしょう。

あなたの気持ちが周囲にもバレてしまいますし、ともすると相手が周囲の目を気にして恐縮してしまうかもしれません。
好きな人が居心地の悪さを感じてしまったら、あなたに対して好意的な感情を抱くことは難しくなってしまいます。

上記と同様、職場であるという意識をしっかり持って、誰とでも分け隔てなく接するように心掛けてください。
ヒイキをしない人であることが、寧ろあなたの好感度を上げてくれますよ!

社内メールで想いを伝える

これは絶対にNGです! 確かに社内だからこそできる手段ですが、会社の通信手段を使って想いを伝えることはタブーだと考えましょう。

考えてみてください。もし万が一、間違って他の人に送ってしまったら…?
宛先にあるアドレスが間違いなく好きな人のもだとしても、うっかり他の人のアドレスがCCやBCCに入っていたり…なんてことも絶対にないとは言い切れません。

もしもこんなことになってしまったら、本当に一大事ですよね。
自分自身が恥ずかしい思いをするだけでなく、相手にも迷惑が掛かってしまうかもしれません。
サーバー上に文面が残ってしまうことを考えても、いつ誰に見られてしまうとも知れないのです。

また、片思い中であれば、仕事のメールかと思って開いた相手が「不真面目だな」と、あなたに対して不信感を抱いてしまう可能性もあります。
もちろん、業務に関するメールを送る際に仕事の内容に絡んだちょっとした一言を添える程度であれば問題ありませんが、あからさまな好意を示すのは避けるようにしましょう。